生コラーゲンは肌に一瞬で溶け込み、肌がふっくらする

生コラーゲンのことがちらほら聞かれる様になって、当然美容に興味のある人は、生となればより良いのでは?と興味がわくのではないかと思います。

生コラーゲンって実際どんなものなのでしょうか?

結論からいえば、生コラーゲンは美肌作りにはかなり高い効果があります。

実際に使用してみると、これまでにないテクスチャーで、付けると肌に一瞬で溶け込む様な感じがします。

一瞬で溶け込んでしまう様な感覚なのに、しっかり潤う、そして肌がふっくらするというのが生コラーゲンの特徴です。

生コラーゲンと言うくらいだから、コラーゲンの様なものかなと思っていると、その感じは全く異なります。

生コラーゲンはコラーゲンの約6倍の保水力があるといわれていますので、コラーゲンよりべたつく感じなのではと想像する人もいる様ですが、全くもってべたつきはありません。

実はコラーゲンというのは、熱を加えられた影響によりゼラチン化しているのですね。

ですから、これまで使っていたコラーゲンというのは、ゼラチンを使っていたということで、確かにコラーゲン入りの化粧品はトロリとしているテクスチャーが多いですよね。

生コラーゲンはとても肌に良いということが多くの利用者の評判で評価されているのですが、実際に化粧品として使用するにはとてもデリケートな成分であり、今はまだあまり多くの商品がありません。

コラーゲンの様に化粧水に配合されているとか、食品に含まれているというのではなく、フリーズドライ状態の生コラーゲンで手元に届き、使用する直前に化粧水で溶かして利用すると言う方法が主な方法になります。

ゲルから生まれた生コラーゲン配合のパーフェクトゲルファンデーションを使用すると、うるおいが1日中続くきます!